酒造り
磨き3割5分の透明感あふれる酒づくり 磨き3割5分の透明感あふれる酒づくり
「我山」の純米大吟醸は、35%まで高精白した山田錦を使用。
米の65%を削り、雑味の元となる表層を磨くことで深みがあるのに、
すっきりとした味わいを生み出し、
優雅で華やかな香りと、明瞭な米の旨みを楽しめる。
酵母という微生物との対話 酵母という微生物との対話
酵母の声なき声に耳を傾け、温度管理が大変難しい
低温発酵のもと、
酒質に影響を与えぬよう、
櫂入れにまで細心の注意を払う。
杜氏の技と吟醸酵母からうみだされる繊細で
芳醇なアロマが我山の魅力。
卓越した南部杜氏の匠 卓越した南部杜氏の匠
「我山」の酒造りを取り仕切るのは、
日本屈指のエキスパート軍団と名高い
「南部杜氏」の匠たち。
酒を知り尽くした技術と知識、
そして豊かな感性が酒蔵の伝統と合致して、
類まれなき酒が誕生する。